就学健診に行って安心して帰ってきた話

こんにちは。

 

年長さんのママくろまめです。

 

就学児健診と学校説明会が同時開催されました

 

午後からだったのですが食事を摂って着替えてから一キロ先の小学校まで徒歩移動。

 

意外と忙しく感じたけどあっという間に説明会も健診も終わり、虫歯が一つ見つかっただけでなんとか「引っかかる」と言う事も無くホッとしました。

 

先生たちがとても子供が好きそうで優しい感じでした!

 

うちの娘は本当にテンションが高くて

「就学健診だ~~!!!」って待っている間踊っていたくらいだったのですが・・。

 

どの先生も職員さんも

「あら~~、可愛い~~」という感じの笑顔で話しかけて下さったりしました。

 

私は幼少中と変な先生に嫌がらせをされてすごく「先生」っていう人たちが怖いんですけど、そういう「先生」とは一線を画していましたね。

 

おかしい雰囲気の先生は全く見かけませんでした。

私の住んでいた町が本当に危ない町だったのだと改めて思いました。

 

地域性ってすごく大切だなと感じました。

今の町は教育熱心で、子供を大事にする土地柄です。

 

良い町だと思い、結婚してこの町に住めている事に感謝しています。

 

この小学校は市立の公立校ですが校則もしっかりと有って、いじめに関しても一生懸命に取り組んでいるのが伺えました。

 

いじめや問題は起こりうるという前提でいかに子供達を守るかと言う話がなされ私は感激しました。

 

「いじめなんてうちの学校は一件も有りません!」とか言う学校って大体駄目ですよね。

・・・私の通っていた公立校の話です。

娘が通うのはそういう学校とは全く違いますね。

 

 

校則もクラスごとに違うとかでは無くて、学校全体で勉強に専念できるようにと環境を整える事や子供達を守る事に主眼を置いていてものすごく好感を持ちました!!!!。

 

なんかすごく楽しい小学校生活になるんじゃないかな~と母は期待しています。

 

宿題も一年生から30分程度の物が出るという話ですが・・・大変かもしれないけどみんなと一緒にがんばるっていう経験は何物にも代えがたくていいなあと感じ方が変わりました。

 

以前は小学校で1年生から30分は多すぎでしょう、と思っていたけど。

「みんなで一緒にがんばって、学ぶ」

それって素敵だなあって思っています。

 

元気いっぱいで目立ちまくった娘

 

挨拶も大きな声で

「くろだまめこです!。こんにちは!。今日はよろしくお願いします!!!」と受付で母よりも先にご挨拶し職員さんや先生方にニコニコされていました。

 

この子は良い感じに先生方に可愛がられて楽しく生活できるだろうなと思って安堵しました。

 

幼いころから様々な遊び場に出かけたりして社会性を養う事や体力をつける事を大事にしてきたけどそれが形になって出ていると思いました。

 

ご挨拶できると目上の人とも上手く話せるしすごくいいですよね。

色んな意味で安心感をもらって帰宅しました^^。

 

小学校入学が楽しみです。