プチ買い物難民の我が家

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

車なし家庭の買い出し

 

それはひと騒動。

しかも我が家は大食い家系で大きな冷蔵庫が三日で空っぽになるのですよ。

 

毎日の仕事は買い出しメイン。

 

イオンの即日配送のサービスにお世話になっています

 

シニア、もしくは障害者手帳持ちであればWAON並びにイオンクレジットでの支払い額が3000円以上で百円の送料。

 

3000円未満で200円の送料だそうです。

地域によるらしいですが。

 

お米とか料理酒、みりん、醤油、オムツなどはこのサービスを利用しています。

 

自転車の後部に大きいカゴを付けようと思っていたのだけど適合しない事が判明。

 

しばらくイオンさんのサービスに助けてもらいます。

イオンさん、すごい!。

二歳半検診の結果

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

二歳半検診の結果良好でした!

身長86センチ

体重10.6キロ

 

走り回り、言葉も大丈夫との事です。

 

検尿は来週に日本脳炎の予防接種を受けがてら提出します。

 

3歳から推奨らしいけど、二歳半からオッケーらしく。

お医者さんのオススメは今らしいです。

 

医者、近所に戻しました。

 

まめこちゃんが「a先生に会いたい、いつ行くの?」とあまりに言うので。

 

子供は先生のいいところを感じているのかも、と思いまして。

 

今日はなーんか先生優しかったです。

久しぶりだからかな?。

 

 

二歳半前にしてベビーカーが活躍中です(べビジョガーシティツアーを買って二年)

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

 

抱っこひもでは十一キロの娘の移動は大変・・・。

ベビーカー拒否もあり、5歳ごろまで使えるベビーカーを購入したのに使っていませんでした。

 

二歳半を前にして「腰が痛いので遊び場に行くときはベビーカーに乗って欲しい」と言うお願いを娘が聞き入れてくれるようになりました。

 

優しい。

お母ちゃん、ちょっと感激。

 

mameko0186a.hatenablog.com

mameko0186a.hatenablog.com

 

抱っこひも拒否、ベビーカー拒否、スーパーのカート拒否とお姉ちゃんアピールがすごかった娘もある意味でちょっと丸くなり・・・。

 

お姉さんになったのか、お母ちゃんのお願いをかなり汲んでくれるようになりました。

お母ちゃん胸キュン。

 

 

2019年三月半ばで三万円でおつりがくるんですね。

リーズナブルさは変わらず。

 

一時は投げ売りされていたベビージョガーシティツアー。

多分重い事とお値段がネックで売れなかったのかなと。

 

また当面このベビーカにお世話になりそうです。

 

電車に乗るときに持ちあげてもびくともしない堅牢さは本当に安心です。

災害などの非常時に強い子に育てるということ

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

災害等の非常時に強い子に育てるには

 

娘は一歳半近くまでおやつを与えませんでした。

 

この場合のおやつとはお菓子を指します

捕食としての食べ物はあげていましたがクッキーやアイス、チョコレートなどは与えてきませんでした。

 

また離乳食は1度もベビーフード使いませんでした。

 

ビーフード非常時用に買い込んでいたのですが結局食べることなく終わりました。

 

1歳の終わりに残っているベビーフードを与えてみようと思いあげました。

 

まずは大人が味見。

悪い味ではありませんでした。

娘もパクパク食べていました。

しかし食事が終わり、娘は吐いてしまったんです。

 

 

地震の時に配給されるベビーフードやレトルト食品を食べられなかったらどうなってしまうんだろう。

 

もちろん生き残れないに違いありません。

 

私たち夫婦は考えを改めました。

市販品の味に慣れることも大切

 

そう思い外食に連れて行ったり。

外で買ったお弁当一緒に味わったり。

 

今ではファーストフードだって量を加減して与えます。

 

噛むのは苦手ですが、大体のものは食べれるようになりました。

 

何でも食べれてどこでも眠れて誰とでも上手におしゃべりできる

 

これは災害時だけでなく普段から楽しく生活する上で必要な能力です。

 

娘が昼寝している時も静かにするということをあえてしなくなりました。

 

静かな住宅街に住んでいるのであえてラジオをつけたり、音楽を聴いたりします。

 

その小さな音量が気になって眠れないということがないようにうまいこと持っていけるようにしています。

 

ご近所さんには毎日必ず挨拶をします

 

娘と嫁である私の顔覚えてもらうためです。

 

親しみを持ってもらい、いざと言う時に助け合える関係を目指しています。

 

以上我が家の災害に対して娘に教育している事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人からこどもちゃれんじの付録をお下がりで頂きました

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

 

こどもちゃれんじの付録のお下がりを頂きました。

 

私が幼少期に取っていたこどもちゃれんじはとても良い教材でした。

私はその思い出が大事で今のこどもちゃれんじを取ることをためらっていました。

 

すごく思い入れがあるので。

 

思い出は壊れなかった!

 

こどもちゃれんじほっぷ(三歳児向け)の一年分のおもちゃを頂いたのですがどれもすごくいいのです!。

 

年齢にあっているって大事ですね。

それを痛感。

さすがベネッセさん、子供の発育に合わせたおもちゃを提供しています。

一見軽いおもちゃが多いので少しチープには見えます。

 

でも、娘の食いつきが半端じゃないの!。

びっくりです。

 

良い商品を今でも作っていらっしゃることに深く感動いたしました。

ベネッセさんすごい!!!。

 

 

 

 

上のバナーからこどもちゃれんじのページに飛びます。

 

子供部屋が散らかるという意見を聞きますが、この時期の子供にとって本やおもちゃは発育を促してくれる大事なものです。

 

この時期におもちゃが部屋にほとんどない方が私は不自然だと思います。

 

また、おもちゃの量と女性の年収並びに配偶者の年収は関連があります。

おもちゃを多く与えられて育った女の子は高収入になるか、高収入の旦那さんをつかまえることが出来るという研究結果もあるのです。

 

話は飛びましたが、色々なおもちゃを与えて子供と楽しい時間を共有しましょう。

 

娘は色んなおもちゃを組み合わせて楽しんでいます。

インフルエンザに家族でかかる、娘2歳5ヶ月

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

家族でインフルエンザにかかりました

 

娘と私が遊び場でもらってきたようです。

 

ワクチンを接種してあった他の家族にも移りました。

 

ワクチンを打ってあると軽傷で済むと聞いていたのですが38度以上の高熱が出ました。

 

来年に向けての教訓

 

子供には早い段階でワクチンを受けてもらいます。

理由は風邪薬を飲んでくれないからです。

タミフルはめちゃくちゃ苦いです、普段は薬をものともしないまめこちゃんも根をあげました。

 

大人はワクチンの効果を信じすぎない

 

かかるときはかかるし、重症化もします。

甘く見ず、うがい手洗いマスクです。

 

家族の熱が下がりホッとするくろまめでした。

 

 

嘘泣きと思っていたら、、2歳5ヶ月

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

娘が2歳5ヶ月になりました。

最近ではお箸も使い始めなかなか手先も器用なまめこちゃんです。

 

嘘泣きが激しいことに悩む

 

また悩んでるのかよと思われるでしょう

 

確かにそうです。

年中悩みは尽きません。

しかしその理由もわかりました。

 

まずは嘘泣きの理由からです

実は嘘泣きではありませんでした。

 

毎朝気を惹こうとして

「えーんえーん」

と声を上げます。

 

そしてこちらが構うと

「こんなところで泣いていたの」

と続きます。

「こんなところで悲しくて泣いていたの」

 

とさらに可愛らしく続きます。

愛情が足りないのかと悩んでいました

 

もしくは精神面に何か問題があるのかと。

 

今回は行政の教育相談ダイヤルに電話しました

 

相談員さんしばし沈黙。

「何歳でしたっけ?」と聞くので

私が「2歳5ヶ月の娘です」と答えました。

 

「それ嘘泣きじゃないよ」と言われました

 

相談員さん曰く、「それは小芝居じゃないですか?」

 

私は驚き、「小芝居?」としばし沈黙。

 

相談員さんが言うには

「それはごっこ遊びの発展形です。とても情感がこもっていますね。『こんな所で』なんて…」と感極まっているよう。

 

「お嬢さんは保育園などに通われてますか?お母さんは専業主婦なのですか?」などと逆に質問を受けました。

 

2歳5ヶ月と言うと、保育園などでは一歳児クラスなのだそうです。

 

来年度から2歳時クラスになる年なのだそうです。

 

そしてその1歳児クラスでそういった『ごっこ遊びの発展系』を出来る子は極々稀なのだそうです。

 

精神面に問題があるのかと思っていた私は逆に褒められて驚きました

 

精神面も社会性の発達も娘はとても早いのだそうです。

 

それは言葉の発達と少々リンクしているそうです。

 

私がよく悩む理由がわかりました。

 

「2歳」などと言うキーワードで色々と情報を探そうとしても娘に合致しません。

それは頼る情報源がないんですから不安になります。

 

周りももちろん理解しませんしね。

 

小芝居をしたときの対応

こちらもおどけて女優になる。

 

「こんな所で泣いていたの」

と言われたら

私は

「こんな所でまめこちゃんに見とれていたの!。あんまり可愛くて。見とれていたの!。こんな所で!」

と言い返すようにしました。

 

朝からドラマチックです。