娘とトイレトレーニングについて話し合いました

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

娘とトイレトレーニングについて、意見交換しました。

 

「オムツの方が楽で便利」と娘が言ったので話し合いになったのです。

 

どうしてトイレでして欲しいかを具体的に話しました

 

衛生面について。

オムツなどの費用について。

自立という意味。

 

様々に意見を交わして2日目。

娘が再び「トイレ行く!」と言うようになりました

 

でも衛生的に微妙なトイレや臭いのあるトイレ。

暗いトイレでは用を足せなくて悩んでいました。

 

そこで応援団を用意することになりました

 

ガラピコぷーのガラピコ人形を持ち歩いているのですが、プラスキティちゃんの小ぶりのぬいぐるみも携帯しました。

 

 

ハローキティ ぬいぐるみ(スタンダード)SS

ハローキティ ぬいぐるみ(スタンダード)SS

 

 

 

ガラピコぷ~ にぎってぷ~ぷ~ ガラピコぷ~ガラピコ

ガラピコぷ~ にぎってぷ~ぷ~ ガラピコぷ~ガラピコ

 

水気の無い綺麗なトイレではこの二つの人形で「まめこちゃん、トイレがんばれー!」と応援。

 

汚れが嫌な時はビニール製のガラピコ人形で「ピピ!、まめこちゃん頑張るのです!。」と一声!。

 

これで娘はかなりがんばるようになりました。

 

トイレが汚かったり、便座の穴が怖いようですが頑張っています。

 

トイレを嫌がる理由が分かりました、娘もうすぐ3歳

こんにちは。

アスペルガーママのくろまめです。

 

嗅覚に過敏があるらしい!

 

娘に聞いたところ

「トイレが臭い」

と言うのでびっくり。

 

よくしてくれるトイレと同じトイレ消臭剤を置きました。

それはお世話になっている児童館。

 

わざわざ、児童館の先生に調べてもらいました。

 

効果抜群!。

トイレを嫌がらなくなりました。

 

おかあさんといっしょの新刊買ってきました!、お絵かきマットの付録に娘大興奮!

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

おかあさんといっしょ秋号買ってきたよ。

 

付録は水のペンで描いて遊べるマット。

 

娘がこれには大興奮!。

 

 

NHKのおかあさんといっしょ 2019年 10 月号 [雑誌]
 

 

この号は60周年記念号。

 

歴代のお兄さんお姉さんもいっぱい載っていて大人も読み応えがありました。

 

付録はデザインも造りもしっかりと素敵に出来ています。

 

ペンの水の出方もちょうどよくて、スラスラーとマットに書けます。

 

楽しさのあまり

「お父ちゃん、こんな素晴らしい物を買ってくれてありがとうー!」と叫ぶ娘。

 

お父ちゃんもニコニコです。

 

娘について子ども園に伝えておきたい事

食事について

 


喉と味覚に過敏さが見られ、食べ物を飲み込むのが非常に苦手です。

 


空腹時は飲み込めても、そうでない時には飲み込むことが困難になるものがあります。

 


普通のバラ肉などは薄くも吐き戻すことが多いです。

 


練り物やハンバーグは比較的食べやすいです。

 


吐く際に「えっえっえっ」

などと嗚咽をあげます。

 


一度机に吐いた際に「皿に出しなさい」と叱ってしまいそれ以降皿を探して人の皿に出してしまう事があります。

わざわざ嫌がらせしているのではないです。

どこに出して良いかわからないみたいで、自分の手で受けるように教えていますがまだ出来ていません。

 


娘の困難について

 


児童館の先生などから

「人が多いところで不安定になり、フラフラとしてしまうようだ」

と指摘されています。

 


同世代の子に強い恐怖があるようです。

 


固まってしまったり。

パニックにおとり、泣いて地面に転がって手足をばたつかせたりします。

 


予期せぬ変化に弱い

 


突然、声かけされたり。

赤ちゃんが唐突に高速ではいはいして近づいて来たり。

 


そういう事でパニックになる事がありました。

 


言葉について

 


多弁ですが意味は理解していないものが見られます。

 


使うシーンで上手く使いますが、意味がわからないままに使うのでトラブルになり得ると親として危惧しております。

 


テレビや大人の会話から覚えた言葉ですがコピーした通りで自分の気持ちを表現するのは苦手です。

 


時折、大人が驚くようなオリジナルの言葉もあります。

 

仲良しの大人に遊んでもらい「今日は会えて嬉しかったです。また遊んで下さいね」などと教えてないのに話し驚く事があります。

 


娘は多弁ですが、上手く対話も会話も出来ません。

でも、このように端々から優しい子だと思います。

 


どうか寛大に見守り下さいますようお願いします。

 


寒いと暑いを逆に使ったり、行ってきます、行ってらっしゃいもごっちゃです。

 


挨拶も習慣からしていて意味は今ひとつです。

でも、ありがとうは伝えたいようで一生懸命な事が多いです。

 

このようにお手紙を書きました

 

11月が楽しみなような、不安なような。

 

まあ、親子共々がんばります。

「歩育」、我が家の場合(娘2歳11か月)

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

「歩育」って言葉がはやっているんですね?、いいねえ!

 

うちは病気、服薬の関係で車の運転可能な者が一人もいないんです。

いわゆる「車なし育児家庭」ですね。

 

我が家の子どもと歩くことを楽しむという生活をこちらからご覧ください↓。

 

mameko0186a.hatenablog.com

mameko0186a.hatenablog.com

 

我が家では目的地まで歩くことを「お歩き」と言います。

「散歩」とは違います。

お歩きの目的は時間通りに公共交通機関をきちんと利用するために歩くこと。

 

つまり、黙読ならぬ「黙歩」。

ただ、黙々と歩きます。

ただ歩くだけではつまらないので、立ち止まらない事ちゃんと前進し危なくない事に限りOKです。

 

歌を歌うとか、なぞなぞを出し合うとか、今晩のご飯について相談するとか。

そういう感じで歩いています。

後は景色を楽しんでおしゃべりもしていますよ。

 

お歩きは親子の時間です

因みにベビーカーの時も変わらず会話しています。

 

ベビーカー、お歩き、関係なく、詩を暗唱したりもして楽しみますね。

 

まめこちゃんと二人で

「雨にもまけず~!」とかね。

叫びながら歩いていますよね。

 

宮沢賢治さんだけでなくて与謝野晶子さんとかギヨームアポリネールとか、完全に二人の趣味時間と化していて周りは引いている?と思いきや誰も歩いてませんね・・。

 

くまとりすのおやつとか好きな絵本も私が覚えていてリクエストに応じて朗読しつつ坂を上ったり下りたり。

 

まめこちゃんは替え歌と作り話を延々としてくれることが多いです。

お歩きは疲れますが声を出して歩くというのは心肺機能を高めて良い感じです。

 

お出かけ前の準備が大切です

持ち物・・ではありませんよ。

 

体調と天候ですね。

 

夜眠れているか。

顔色は悪くないか。

食欲は有るか。

熱はないか。

排泄。

は最低限見ておきます。

 

服は調節しやすく、着替えやすいものを選びます。

 

気温に関わらず、風が強すぎる日や日差しがきつく蒸し暑い日などは無理させません。

 

歩いた後のメンテナンス・フォローが大事

 

これが一番大事ですよね。

必ずうがい手洗い・・・の前に「今日がんばって歩いてすごかったよ」となどと伝えて労を労います。

 

「まめこちゃんとお出掛けできて楽しかったです。一生懸命に歩いてくれてありがとう。お母ちゃんは助かりました。」と楽しい時間を過ごしたお礼も言います。

 

意外と娘の方が先に言ってくれますね。

「お母ちゃん、今日はすっごく楽しかったです!。まめこちゃんはまたお出掛けしたいです。ありがとう!」とかってね。

 

就寝前は体をさすってマッサージします。

30分くらいですね。

因みに、朝もねだってきますけど機嫌がよくなるのでしてあげています。

良かったらお試しください。

 

毎日楽しくお出掛けです^^。

 

娘の「お母ちゃん、眼鏡やめよう」にハッとする、2歳10ヵ月

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

娘のまめこちゃんは可愛い物大好き!、そして褒め上手です

 

結婚し、妊娠、出産、怒涛の日々でした。

 

経済的な不安から、コンタクトもオシャレもいつしかしなくなりました。

 

美容室も年に一回。

化粧品もアクアレーベルをちびちびと使う。

普段は日焼け止めとリップクリーム。

 

産後太りも加わり、オシャレしても何か決まらず楽しくない感じでした。

 

そんなある日、2歳10ヵ月の娘が言いました。

 

お母ちゃん眼鏡を取ってみてよ!。

と。

 

お母ちゃんは「ん?」。

なんだろう?と思いました。

 

眼鏡を取ったら、娘がニコーッとして言いました。

 

「お母ちゃん眼鏡やめようか。

まめこちゃんは眼鏡かけてないお母ちゃんの方が好きなの。

眼鏡かけてないお母ちゃんは可愛いから。」

 

お母ちゃんはびっくりして娘に聞きました。

「えーと。眼鏡かけてるお母ちゃんはどうなの?。」

随分と間抜けな質問です。

 

娘が言いました、

「眼鏡のお母ちゃんは怖いし可愛くないよ。

眼鏡じゃない方が好き!」

 

はっきりと主張する娘。

 

娘は褒め上手

 

しゃれた感じにすぐに気づきますね。

 

「その帽子、可愛いー!。

すんごく、似合ってるよー!。

あづきおねえちゃんみたーい!」

とか。

 

ファッションだけでなく髪型、服、メイクにもこだわりがあります

 

「お母ちゃんは赤い口紅が似合うと思うよ。

ファンデはリキッドがいーんじゃない?。

まめこちゃんはこっちのほお紅の方がいいと思うなあ」

と娘なりにアドバイスをくれます。

 

それが全く外してないんですよ。

髪色も

「お母ちゃん、もう少し暗い色にしてみたら良いよ」

と一生懸命に言うのでしてみました。

 

周りには、垢抜けたと好評です。

 

そうか、母親が小綺麗にしていると子供って嬉しいんだな。

 

また、コンタクトレンズを購入しようと思います。

 

まめこちゃん、ありがとう。

3歳1カ月から中途入園で子ども園に行く事が決まった娘

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

3歳半からの予定が早まり、3歳1カ月から子ども園いくことになりました

 

11月からです。

今から手続きです。

 

先日、母の私が倒れまして。

救急で診てもらいました。

 

幸い異常は無く。

しかし、過度のストレスや疲れではないかという事です。

 

事態を重く見て、年度途中からの入園が緊急で決まりました。

 

助言下さり、受け入れて下さった子ども園さんには感謝の他ありません。

 

とりあえずは3歳までは家でみれたので良かったです。

個人的な目標を達成出来ました。

これは家族や地域や行政、周囲の人々に助けられての事です。

 

本当に感謝、感謝です。