第一次反抗期が終わる、娘3歳3ヶ月

こんにちは。くろまめです。

 

3歳3ヶ月の娘が反抗期を抜けたようです

 

突然、落ち着いたのです。

不思議。

 

食事も一年半ぶりくらいに椅子に座り、何事も無かったかのようにパクパク食べてます。

えり好みもせず。

左手添えて。

 

「だって」、「でも」、「どうして」という言葉を使わなくなりました。

 

話の内容なども変化しました。

 

「来年はお遊戯会をもっと頑張ります。」などと前向きです。

 

ダメと言われた事をわざとしていたのに、全くと言っていい程しなくなりました。

 

歩く時も私を引っ張りつけていましたが、今は大人しくしっかり歩きます。

 

理由を説明するとちゃんと理解して聞いてくれるように。

驚きです。

 

「一般的には4歳になるとこういう感じに落ち着いて来るのですが、少し早いですね」と保育士さんたちは言います。

 

だいぶ私も気が楽になりました。

ずっと不安でしたからね。

 

 

勉強が好きになりそうな娘を見て様々に思う

こんにちは、くろまめです。

 

3歳3ヶ月の娘が中々、興味深い

 

何が面白いかと言えば。

私の幼少期と趣味が似ているのです。

趣味というか、関心事かな?。

 

昆虫などの虫への関心から、人体への興味が湧き、天体や空などの自然界や現象にも目がいくようになってきました。

 

これは私の幼少期とほとんど同じ。

この後はおそらく、化石や恐竜や進化過程の本をねだられることになるでしょう。

 

その後歴史や宗教、法律などにも関心が行くと思われます。

物事は全て繋がっていますからね。

それはきわめて自然な流れと思いますね。

 

高じて勉強もそこそこに好きになるはず

 

私はそうでしたね。

知識欲が強かった。

娘もそんな感じです。

 

勉強は好きだけど学校の成績は振るわないかもね

 

んー。

学校と進度が合わない可能性の方が高いのです。

ほとんどの分野は早く学びすぎで、授業でうっかり教育指導要綱外のことを話しては教師に嫌われまくりだったくろまめ。

 

娘がそうならないとも言えない感じで心配。

勉強が好きで、出来ても…先生ウケが悪いと成績は微妙です。

 

私はテストは満点のはずなのに、ひどい成績をつけられてましたね。

今思えば、ないよね!と思うような。

 

評価は他人がするもの

 

どれだけ出来ても評価されなければあんまりな結果になりかねません。。

 

本当に心配です。

それでも娘の好奇心や意欲を抑えるわけにはいきません。

知的好奇心を満たすと言うのは精神的にも必要な事ですからね。

 

上手く、先生方には挨拶するしかなさそう。。

今から悩むなと思われるでしょうけど。

大切なことですね。

 

 

三歳娘の登園渋りが解消されたわけとは

こんにちは。

 

くろまめです。

登園渋り良くなってきました!

 

理由は子ども園での楽しみが出来たこと!。

 

それは給食でもおやつでもなく。

お友達や先生でもなく。

 

なんと絵本の貸し出しが楽しみな娘

 

一週間に一冊借りられるのですが、本当にお気に入りです。

 

借りたい本がいっぱいあるそうです。

子ども園から帰ったら本を読むのが娘の喜びらしい。

まだ「読めない」ので自分で見て楽しむ感じですけどね。

 

良かった良かったと胸をなでおろすくろまめです。

読み聞かせより、語りきかせが多い我が家、娘3歳

こんにちは。

 

くろまめです。

絵本は聞いてくれません、何故だー!と思ったけど

 

まあ、好みがあるし。

集中力もまだまだの娘に読み聞かせはちょっと難しいです。

 

娘が好むのは私の創作昔話、というかホラ話か?!

 

寝る前におねだりしてきます。

 

内容はキーワードで指定があります。

 

ざっくりね。

 

「ステラ・ルーちゃんとアンパンマンのお話」

とか。

仮面ライダーの笛吹きの話」とか。

 

謎の指定があるのでそのワードを盛り込み話を展開!。

 

オノマトペ多めが笑わせるコツです。

笑わせすぎると寝付かないので注意が必要ですが楽しいですね。

3歳3ヶ月の娘が初めて描いたもの!

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

初作品!、お父ちゃんの絵と数字の1!。

 

数字は以前から描こうとはしていましたが、お父ちゃんの絵は初!。

 

体操のよしお兄さんとかかかりつけ医の先生の絵は描くのにお父ちゃんの絵は描きませんでした。

 

母、感激!。

お父ちゃんはあっさりしたものです。

幼児の女子友達関係も複雑ですね。

アスペルガーママのくろまめです。

 

娘3歳も子ども園で人間関係に悩む年頃

 

常に一緒の仲良し4人組で過ごしている娘。

 

「いつも一緒に遊んでいるのか。

仲良しやね。」

と言った母親の私。

 

娘はスッと目を逸らして、一言。

「お母ちゃん。一緒にいるのと仲良しと同じじゃないよ」

 

ガーン。

確かにそうだけど。

複雑な女子の世界。

頑張っている娘に拍手です。

自慢だと思われるけどずっとつらい事、娘3歳三カ月

こんにちは。

アスペルガーママのくろまめです。

 

娘がまだ一歳位の頃から困っていることがあります

 

娘について話すと周りから信じてもらえなかったり。

つまり発達が早すぎて驚くと言うよりうさんくさい目で見られる・・。

 

同じ時期に「うちも同じや~!」と気が合うお母さん方と全くと言っていいほど出会えません。

 

下手に発語や、運動機能についてなど話すと特に1人目ママさんとかからは激しい反応を返されることが多く泣きたくなることも多かったです。

 

生後半年で意思の疎通が可能になった娘

 

質問をすると挙手するようになったのです。

 

「ごはん欲しい」などと聞くとピッと手をあげます。

欲しくない時はあげないという。

 

こちらの質問にYESの時は手をあげてくれたのですね、別に教えたわけも無く。

巷で言うベビーサインか?と思い周りに聞くのですが、先述のとおり怪訝な反応。

今ならちょっとわかりますが、当時は「赤ちゃんも大人のいう事が分かるんだ~」とかのんきだった我が家族。

 

発語は8カ月で二語文は一歳三カ月、三語文は一歳半。

余りにも一日中話しかけてくるので辛いと周りに相談するも周りは「はあ?」という怒ったような表情・・(特に月齢の近いお子さんのママさんとか)。

 

質問も一歳ごろから「あ?」と指さしながらし続けるので返事に追われて家事どころでは無く。

その場を去ろうと「ちょっと台所いくね」と言えば大声で「ああああ~~~~!!!」と叫び、『行くな』という合図。

 

一歳には意思の通らない事があると大声で何やら指図する娘。

 

本人はどう思っていたのか定かではないのですが、家族である私達はかなり疲弊していました。

 

子供に振り回されるのは大事な親の役目であると様々な専門家さんに教えられ、良い対応だと褒めていただき自信をもらっていますが娘に小バカにされているのでは?などと悩んだこともあります。

 

娘がいわゆる「赤ちゃんらしくない事」で悩んだかな。

 

様々に意見を専門家さんに頂き最近思う事があります

 

娘はちょっと他の子と違うという事。

 

感受性が豊か過ぎて良く悲しんだり、観察力が有り過ぎて普段と違う空気に泣いたり、寝つきが良くなかったり、優しくて思いやりにあふれていて素晴らしかったり。

 

色々と有るけど、どこか違うのだと私は思いました。

そしてそれは発達の問題では無く、おそらくは知能の高さ故ではないかと検討をつけています。

 

様々にご指摘いただいて「そうだな」と思うようになり、娘のありのままの可愛らしさを受け止めてこれからも母としてがんばり楽しむ所存です。