孫ブルーについての考察

こんにちは☆。

 

アスペルガーママのくろまめです^^。

 

最近聞いたのですが孫ブルーなる言葉があるとの事ですね。

 

なんでも孫の世話で体調を崩すおばあちゃん、おじいちゃんが増えているとの事です。

 

私もお義母さんや実家にはお世話になり通しです。

申し訳ないとは思うものの娘を連れて通院というのは風邪などをもらってくるリスクも増えますしね。

甘えさせてもらっています。

同居しているお義母さんには娘を本当によく見てもらっていて頭がまったく上がりません。

 

若くは見えるけどお義母さんも70代ですから体への負担は相当なものだと思います。

愛情深いお義母さんいつもありがとう。

 

子供を持って初めて分かったこととして親だけが子供を育てるのではなく地域と一族を上げて育てるという気概が必要なのだと感じました。

みんなで育てるって感じですね。

 

お母さんだけでは子供は育てられません、その事実に子育ての重みを日々感じています。

 

その事に気づいてからは「果たして自分は将来、孫守りが出来るだろうか」と少々気の早い事を時折思うようになりました。

自分がしてもらった事を返せるように健康管理などをがんばっていきたくおもっています。

 

自分が育ててもらったように子を産んで育て、次は孫守りをし、人生ってそういう風に出来ているのかなって思います。

 

 

いつになく真面目なくろまめでした^^。

下記のエントリーも人気です。

 

mameko0186a.hatenablog.com

mameko0186a.hatenablog.com

mameko0186a.hatenablog.com