築50年住宅をリフォーム

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

築50年の住宅をリフォームしています

 

外壁をほぼ全面張り替えと、部分的に塗り替え。

 

これで断熱材も入ったし、今夏は涼しい予感。

 

納屋なども結局、直す事になり合計で270万ほどしました。

 

ほぼ全面改修ですね。

中は何もしていませんが外を直すことで断熱性が上がって過ごしやすくなればと思い切りました。

 

昭和の時代も大規模改修を実はしており家自体は800万で土地付きを購入したそうですが手を入れた額はそれを超えかかっているかもしれません。

 

住宅はメンテナンスがカギです。

どれだけこまめに直して大事に使うかが住みやすさ、綺麗さに反映されてくると思います。

 

よく新築を建てる際に

「固定資産税で最低月二万と出て行く、20年後の改修費に月2万ほど貯めなければだめ」と有りますが事実だと思いました。

 

住みやすさを維持するにはお金がかかりますね。

 

住宅の中は掃除をこまめにするようにしていますが、GWにはホームセンターで買ってきたコーキング剤を使ってお風呂場を少し直しました。

 

防かび剤入りをきちんと選びました。

グルーガンと防かび剤入りコーキング剤とマスキングテープで千円ちょっとで直せましたよ。

 

小さい規模の工務店さんに依頼しました

 

正解だったと思います。

 

まず驚いたのは見積書の細かさと、見積もりを作るために計測などをする際に非常に丁寧にしていた事です。

 

大体ここまでコミコミ価格!みたいなところが無くてしっかりしていると思いました。

とても丁寧で誠実に感じたので相見積もりを取らずに契約しました。

 

ネットで見た相場より2割ほど高いとは思いました。

だから正直、ドキドキしたのですが始まってみて驚いたのは今までの大工さんは何だったのか?と思うくらい仕事が丁寧な事です。

 

今までいかに悪徳な業者に騙されてきたかという事が有り有りと分かりました。

全然、作業が違います。

使う材質も細かな物もグレードが高い。

 

当初私達は「改修」のつもりで依頼したけど、工務店さんは「綺麗」になるように心がけて一生懸命にお仕事をして下さっていました。

 

毎日夕方にお仕事の進捗状況を見るのが楽しみでした、大きな感激を毎日大工さんや塗装屋さんからは頂いたように思います。

 

今回は改修でしたがいつの日かこの工務店さんで家を建てられたら素晴らしいだろうなあと私達の夢は広がりました。

 

家を直すだけでこんなに嬉しい気持ちになる。

この工務店で家を新築で建てたらどんなに素敵かと皆で話します。

 

それは叶わないかもしれませんが良い夢が出来て私達はちょっと幸せ気分です。

職人さんってすごい!と感激でいっぱいのくろまめです。