もうすぐ5歳の娘、優しい子に育っています

こんにちは、くろまめです。

 

もうすぐ5歳の娘について書いています。

 

小さい子やお年寄りに特に優しい娘です

 

最近は近所の一人暮らしのおばあちゃんをよく心配しています。

 

血縁関係も無いご近所さんですが、娘にとっては気になるようです。

 

「1人暮らしって寂しいだろうな。ご飯も一人だしな。一人で食べてもきっと・・・美味しくないんじゃないかな。」と言って目をウルウル・・。

 

 

小さい子がテレビに映れば

「なんて可愛いのやろう。一生懸命にお歌うたって偉い子やね」と嬉しそう。

 

パラリンピック視聴では

「なんと愛しや。」

「不便だけど不便じゃなくなってるね、すごいね!」

などと画面にくぎ付けになってました。

 

メダルをもらってブーケを受け取る姿に感極まり

「やった~~!」と叫ぶ娘。

 

一年前までは手足の無い人を見ると

「怖い」と泣いていたのに。

 

今は

「色んな人がいてみんなそれなりにがんばっている」などと感想を言っています。

社会全般に関しての感想ですね。

 

障害に関しては

「生まれつきの物かケガかご病気をされたのやね。」と理解している様子。

 

想像力もあり優しい子に育っています

 

娘の最近の悩みは

「どうして泥棒は、泥棒になってしまったのだろう」です。

 

母としては様々な話をしつつも最終的に「人の物を盗るのはいけないことだ」と強調しています。

 

娘は

「働ける人ばかりではないのやね。皆が能力あるわけじゃないし、日本国籍とは限らないし」などと一生懸命に頭を回転させています。

 

優しい子に、想像力のある子になってくれてとても嬉しいです。

 

お父ちゃんはそれと同時に

「優しいだけでは生きて行かれん。強く見せておくのも大事な事だ。抑止力を持ちながら生きていけ」と説いています。