幼保無償化以前から非課税世帯の保育料は安かったのに預けなかったわけ

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

無償化以前から非課税世帯の保育料は安かった!

 均等割りも発生しないと未満児でも月に4000円程。

 

以上児なら三千円くらい。

 

1号認定。

いわゆる、働いてないママさんなら以上児で1000円ちょっと。

 

元々、そんなに高くはなかった。

 

預けた方が安上がりだし、楽じゃない?と行政にはよく助言いただきました。

 

でも、3歳まではと思いました。

お金も体もきつかったです。

うちは車も運転できる人がいないからね。

 

交通費もかかるのは当然。

交通費だけで毎月5000円くらい。

毎日違う遊び場に公共交通機関を使って移動しますから。

 

お弁当は出来るだけ持って出てました。

でも、美味しそうなものを見つけたら「これも娘の楽しみ」と思い買い与えるようにしました。

 

移動や遊び場でさまざまな人達と出会い、優しさに触れた事。

 

これは我々にとり財産です。

娘だけでなく私も社会によって成長させてもらったと思っています。

 

教育はお金をかける値あること

 

私はそう思っています。

そして受けた教育は社会に還元していく事が大切ですね。

 

どんどん預ければ安上がりで楽でいっぱい子供を持てるのかも知れない、だけど私達は社会からの預かりものである子供と真剣に向き合いたいのです。

 

預けないのがいいわけではなく、そこは各夫婦の考えですよね。

 

いっぱい働いて、その背中で示して教えることもまた教育です。

そしてそれも決して容易くはなく、大変で素晴らしいことだと思います。

 

私達は、私達でより良い子育てを迷いながらやっていく所存です。