車が無い、せめて電動アシスト付き自転車が欲しい

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

自転車の可能性を考える、ヤマハ発動機の発売したシオンユー

 

このヤマハシオンユーは年配の方をターゲットにした電動アシスト付き自転車。

 

身長133センチから適合します。

 

イオンで見てきたのですが、またがるのがとても楽。

足のあまり上がらない人でも大丈夫です。

 

まめに充電しなくてもいいようにか、充電池も容量が大きいのが印象的でした。

 

デザインはどちらかというと、らくらくフォンのような感じ。

 

シャープさにはかけますが操作は単純に出来そうです。

 

高齢者が増えて運転出来る人が希少で重宝な世の中はやってきています

 

デイサービス各社は送迎後に便宜を図り、スーパーや和菓子店など要望があれは寄ることが多いと風の噂に聞きます。

 

それがグレーなのかはさておき。

免許の返納を促した責任を社会は取るべきと考えます。

 

車の無い我が家の老後に向けての行動計画

 

生活の足としてのヤマハシオンユーのような電動アシスト付き自転車は確実に必要になるでしょう。

 

シニアカーなるものはあるか速さと変わらないので、あまり現実的ではありません。

またスズキなどのメーカー車は三十万近いラインナップで高齢者が介護保険などの申請なく購入するには難しい。

 

いきなり自転車生活はキツイというか危ないし無理

 

普段から、若い頃から乗っていないと。

 

自転車だって車と同じく、走るナイフ。

取り扱い要注意です。

 

我々は週に2日以上、自転車に乗るようにして老後に備えています。

 

目標は毎日往復6キロの距離を移動できるようになることと、雨の日の運転になれる事

 

片道3キロ圏内に大体のお店は揃っています。

 

ちょっとおしゃれでリーズナブルな郊外型レストランなどにも行けるし、スーパー銭湯だってあります。

 

老後はかつかつになる予定なのでスポーツジムのお風呂か公衆浴場を利用したい

 

スポーツジムはデイ会員なら月に6000円ほどの所が多く。

 

ガスと水道の代金を考えるなら1人住まいならこちらの方が掃除の手間を考えてもいい感じ。

 

近所は高齢者が多いためスーパーなどはお惣菜に力を入れています

 

火を使うのも段々と危なくなります。

食べる量も減ってきますし、ご飯だけたいてお惣菜に頼るのも有りかも?。

 

また就労支援施設が作っている宅食を利用してもいいですね。

 

大体500円から700円。

自治体によっては申請で一食450円くらいになるところもあります。

 

調べてみて下さい。

 

見守りサービス付きのところも多いし、離れている祖父母のプレゼントにも最適です。

 

月に五万円ほどで安否確認と食費とが込みなら私は安いと思う。

 

お惣菜だけだとどうしても栄養が偏りがち。

 

勿論、直接訪ねていくのも必要ですよね。

 

 

電動調理器も侮れない!

 

別にホットクックまで買わなくてもいいですよ。

逆に年配の方に使い勝手が良いかというと馴染みのない分、ちょっと大変そう。

 

壊れにくい温め機能だけの電子レンジとちょっと多機能な炊飯ジャーは重宝だと思う。

 

炊き込みご飯に野菜いっぱい入れて作れば健康にはいいよね。

 

我々は電動アシスト付き自転車ライフが待ってるから、多分宅食では物足りないと思うし危険の少ない調理法を常に考えています。

 

ガソリン代の代わりに食費と体のメンテナンス費用がかかります

 

費用としては車を持った方が安いでしょうね。

 

車に乗れない私たちの今から出来る老後計画などなどでした。