筆まめな子に育てたい、いとこなどとの文通の勧め

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

毎月、10通近くハガキもしくは便箋を出す我が家

 

ほとんど私が書いています。

 

直接お会いしてお礼をしたり、実際に会ってお話もしたいけど。

 

車なし育児家庭のくろまめ家にはハードルが高い!。

 

学生時代は海外文通をしていました。

今ではメールの発達で諸外国でもペンパルなんて死語らしい・・・。

本当???、とびっくり。

 

旅行好きな家庭で育ったことも有り、宿泊したホテルや美味しかったお店にもよくお礼状をお出ししたものです。

 

格式あるお店やホテルほどきちんとお返事下さいますよ。

 

修学旅行で行ったお店にお礼状を出したら

「うちのレシピの一部です、練習してね」

とお礼にちょっとしたレシピを頂いたのは嬉しかったなあ。

 

最初は慣れなくて手紙嫌いでした

好きになったのは中学以降かも?。

 

常にレターセットと記念切手を常備し、カードやシール筆記用具にこだわるようにもなりました。

 

筆まめさんになるために備えておきたい物↓。

 

住所と名前をポン!と出せるハンコ。

 

 

今ではネットでこんなに安く簡単に作れるのですね!。

びっくり。

これはお手紙初心者さんには心強いですよ。

 

お次は封筒↓。

シンプルなものを大量にストックしておくのがくろまめ流。

 

 

こういうシンプルなものは飽きなくていい。

シールと絵でオリジナリティを出せば問題なし。

 

だから、シールとかキラキラペンとかも大量に持っていますね^^;。

 

下記はインクジェットでもレーザープリンタでも使えるはがきサイズ用紙↓。

 

 

これは今のド定番。

郵便番号の場所がないからパソコンで住所入れてもずれるという事がない。

 

いいでしょ?。

 

誰と文通する?

 

意外と身近な人が良いよ。

 

まめこちゃんは他県のいとこ6歳からよくお手紙をもらってます。

お返事はお母ちゃんのくろまめですけど。

 

そういう教育は一族あげてするのがいいかな。

大げさですけど。

 

いとこ13歳はおばちゃんであるくろまめによくカードを作って送ってくれます。

 

おばちゃんがクリスマスと誕生日に二人にカードを贈るからかと思います。

 

毎年、字が綺麗になっていったりと成長を感じとてもうれしいです。

 

皆さんも親戚通しでお手紙交換しませんか?。