娘の口から自然に「ありがとう」や「ごめんなさい」が出る様になりました、二歳十か月

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

 

娘がお礼や挨拶、謝罪をきちんとするようになりました。

 

ちゃんと自分の判断で、という事です。

 

悪かったとか、嬉しかったとかそういう事を表現するのが上手になりました。

判断能力がついたのでしょう。

 

でも、困ったことも・・・。

 

自分の判断でしか、しない。

悪く思わなければ謝らないし、ありがたくなければお礼しないし、挨拶したくない人には挨拶しないという・・・。

 

この状態をどう思いますか?。

私は

「うーーん。難しいな。」

と思いました。

 

悪くないのに謝ってはいけないし、何にでもこびてへらへらしていても良くないけど。

そういうのと違う部分も有ると思う。

 

何かしてもらったらお礼。

その日初めて会ったらご挨拶。

この二つは基本だから押さえておきたい所。

 

でも、娘は頑固なので「ご挨拶は?」とかって促すと意固地になって絶対にしないんですよね。

 

仕方がないので母がお手本とばかりに、しっかり挨拶しています。

 

最近は全体的に生活がルーズになってきています、なあなあといいますか。

 

ごはん中も立ち歩いたり、食べ物の好き嫌いも酷いし。

娘の名前を呼んでも返事しないのもデフォルト。

 

イヤイヤ期が抜けてきた感じもあるので、今からまたしっかりと基本を教えて行きたいです。

 

娘が自分で考えてお話をするのを見ると可愛いと思う、親バカですが

 

お友達のお母さんに

「Aさん。今日はAさんに会えてよかったです、とっても楽しかったよ。次はいつ会えるんですか?」

なんて聞いていたりします。

 

おばあちゃんにも

「ばあば、イオン連れて行ってくれてありがとう~!。まめこちゃんはとーーっても楽しかったよ~~!、また連れて行ってくださーい!」

とか。

「また、スーパーで美味しいネクタリン買ってきてくださいね。あれ大好きなんです」

とおねだりとか。

 

子供の会話ってたわいないけど癒されますね。