離乳食作りで役立ったアレで、夏バテ対策のドリンク作り!(節約レシピ)

こんにちは。

 

皆さんお元気ですか?。

 

夏も近づいてきましたね。

 

離乳食作りで活躍したハンドプロセッサー

 

これ↓

 

 これでドリンクを作ります。

 

ほとんど目分量!。

美味しくて夏バテ対策にピッタリです。

 

夏バテ対策のバナナヨーグルトドリンク

<材料>

バナナ(大き目を一つ)

プレーンヨーグルト(一パックの三分の一くらい)

牛乳一瓶(約200CC)

 

バナナとヨーグルトの量はお好みでどうぞ。

 

これらをすべてプロセッサーに入れてスムース状に♪。

滑らかにしてください。

 

30秒でトローリ、クリーミーなバナナヨーグルトドリンクの完成です。

大体、三杯分ですね。

一人当たり100円かかっていませんがとーーっても美味しいスムージーです☆。

 

ヨーグルトの酸味が暑い体に心地いいです。

さっぱりと美味しいよ!。

 

地味に我が家で流行中のバナナヨーグルトドリンクのご紹介でした。

 

 

ハンドプロセッサーは洗うの楽で良いですよね。

我が家ではヴィシソワーズやカボチャのスープも作っています。

 

離乳食の時はおかゆのすりつぶしに使いました。

お野菜を細かくするのにも重宝で、これなくして離乳食作りは乗り切れませんでした。

 

ビーフードは使わずに済んだので健康的でよかったかな。

 

おかゆの裏ごしって辛いですよね・・・。

これなら土鍋に炊いたおかゆプロセッサーの先を突っ込んでスイッチを押すだけで簡単に裏ごしが完了しちゃいます。

 

娘が離乳食完了してからは、大人ご飯にも愛用!。

つみれなんかも簡単ですよ。

粗くして歯ごたえを残すのも手加減でいい塩梅に出来ます。

 

友達に勧めてもらったんですけど、未だに手放せません。

我が家の秘密兵器です。