障害者カップルの人生設計、結婚の勧め

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

夫婦揃って障害者手帳を保持しています

 

そんな私たちのざっくりした人世設計について書いてみたいと思います。

 

ちなみに。

結婚はしたらいいですよ、障害者だろうと健常者だろうとその方が実り多い人生になると思います。

 

結婚と言う形態を取れなくても、友人たちを招いて家族に近い人たちを集めて披露宴をして(食事会)、一緒に住んだりしたらいいと思う。

 

事実婚ってやつですが、それは学者さんとか多いよね、結婚披露宴だけして子供出来たら奥様がアカデミックから退いて入籍し、家庭に入る。

 

けっこう数いますし悪くないと思う。

 

子供が早くに欲しいなら、そもそもに入籍しといた方が良いけど。

話はずれましたが、言いたいことは「お互いの事が好きならちゃんと形にしよう」です。

けじめは大事です。

 

一緒に住むことでリスクを分散させられる

我々は精神障害の手帳を2人ともに持っています。

 

精神のカップルで大事な事。

それは相手の体調の悪さに引きずられないようにする事です。

 

コツとしては相手の体調が悪い時は心配し過ぎない。

構いすぎずに家事など相手の負担を自分が負って、美味しくて温かい食事でも出してあげる感じですね。

 

話も聞き過ぎない事が大事。

体調の悪い時は何を考えても悪いことしか浮かびません。

それに引きずられては夫婦としては上手くいきません。

 

気遣う姿勢を出しつつ優しい言葉も掛けつつ、適度な距離感でいましょう。

話は聞かなくても良いけど、とにかく抱きしめてあげるとか頭なでて優しい言葉かけは大事だと思う。

 

そして普段は節約しておいて「体調の悪い時だけ出て来る美味しいもの」を用意しましょう。

 

我が家では一本280円するトマトジュースが、風邪や心が弱った時の薬です^^。

普段は買おうとは思えませんが。

こういう時だけ、の贅沢です。

 

お腹に温かいもの入れると、ちょっと安心しませんか?。

我が家で人気なのはかぼちゃのスープ。

 

材料

 

かぼちゃ

牛乳

コンソメ

玉ねぎ

バター

 

だけです。

 

バターでくし切りにした玉ねぎを炒めます。

 

水少な目に茹でておいたかぼちゃとあめ色になった玉ねぎをハンドプロセッサーに投入してトロトロになるまで攪拌し、鍋に戻しコンソメで味付けです。

 

それだけ。

 

みじん切りに玉ねぎはしなくてもハンドプロセッサーできちんとトロトロになるので手抜き料理としては良い感じ。

 

分量は適当。

かぼちゃ1/2

たまねぎ2個

牛乳瓶一本200CC

コンソメ一個

バター10グラム(一かけ)

が目安かな。

 

塩コショウをお好みで振っても美味しいよ。

ハンドプロセッサーはコチラ↓

 

 お値段もお手頃でしょう。

単純な構造だし長持ち。

 

 我が家では離乳食造りに大活躍したのですが最近は、かぼちゃスープやつみれ作り、バナナジュース造りに活躍中。

 

↓のエントリがバナナジュースレシピです。

 

mameko0186a.hatenablog.com

 

女の子も男の子も結婚するなら生活が成り立つかちゃんと考えてね。

 

 お料理は毎日の事なのでこの本が使えるよ↓。

mameko0186a.hatenablog.com

 

 収入は、月20万位。

周囲の人たちが気にかけて下さっていっぱいお野菜とか子供のおもちゃを下さるのでなんとかなっています。

 

おもちゃももらいものですが、娘は

「○○さんからもらった!」

と嬉しそうにお話してくれます。

 

「○○さん、やさしーーい!」

などとおしゃべりしています。

 

お洋服もよく頂きます。

お下がりですが、優しい人ばかりで綺麗にしたものを月齢や季節に合わせて下さいます。

 

感動しちゃいますよね・・・。

お手紙に頂き物を着ている写真同封でお礼状をよく出します。

 

我々がよく使う写真プリントはしまうまプリントさん並びにネットプリントジャパンさん、同じ会社らしい。

 (青字をクリック!)

1冊180円~の高品質フォトブックプリントサービス【ネットプリントジャパン】

 

一枚5円のプリントサービスがドンピシャ。

パンパースでクーポンためて、安く購入しています。

 

 収入は月二十万あればなんとか暮らせるよ

子どもも一人二人ならどうにかなる感じ。

 

ただし、これは我々が優先順位やお金の使い方がおかしくないから大丈夫なのであって。

 

優先順位として子供に衛生的で心が満たせられてお腹もいっぱいに出来ないなら、子供を持つという事は選択するべきでないです。

 

毎日お風呂に入れるのは当たり前ですが、そういうことが出来ないとか。

おむつ代をケチろうとか。

食事はベビーフードの安売りや、ミルクは格安品で良いとか、そういう事思うようなら、結婚だけにしてください。

 

子どもには衛生的で心もお腹も満たされている事が最低限、必要な事です。

 

そして、おもちゃやお洋服代もかなりかかります。

おもちゃは発達を促す大事な道具です。

沢山でなくても要ります!。

 

自分達が子育て出来るかはよくよく周りとも相談してください。

子どもは社会からの預かりものであって親の所有物ではないのです。

 

結婚資金は最低でも200万円 

根拠は有りませんが、我々はそれだけ貯めてから結婚しました。

 

まだ手を付けず、定期貯金にしています。

 

(もちろん、毎月貯金しているのでもっと貯金はありますので皆さん心配しないでください)

 

お金の話は大事なので必ず電卓とノートに記録を残しながらお話する事を勧めます。

 

ファイナンシャルプランナーさんの本を読んで、食費は何パーセントで・・・と計算しノートに書き出して、具体的な生活をイメージしました。

 

下記は新婚さんにお勧め!

 

 結婚は新しい生活となります。

事前の準備、心構えが大切です。