娘の言う「なりたい私」、4月から年長さん

こんにちは。

 

くろまめです。

 

5歳年中さん、まめこちゃんについて綴っています。

 

目標や欲が出てきて、努力し出した娘

 

・体を強くしたい!

 

・賢くなりたい!

 

・優しくなりたい!

 

この三点だそうです^^。

 

なかなか大変そうですが憧れと言うのは高い目標の方が良いかもねと冷静な母。

 

体を強くするために娘が取り組み始めた事!

 

まめこちゃん自身で考えたらしいのですが。

 

屋内の有料遊び場って有りますよね?。

ああいった所の遊具、巨大トランポリンなどで週末は汗をかくことにしたようです。

 

既に1カ月続けています。

今までも通っていたのですが、当時はダラダラと万遍なく色んな遊びに興じていました。

 

ところが目標立ててからのまめこちゃんは凄まじかった。

 

一時間から二時間ぶっ通して跳ねたり動き回り・・。

他のお客さんにも配慮しつつ運動しまくり・・。

 

今まではほとんどなかった水分補給も三回ほどして汗をかいてから、お昼ご飯へ行くという風になりました。

 

そして

「しっかりと栄養を取らねば!!」と突如言い出しまして。

相変わらず偏食なんですが食べられるものに関しては以前よりも真剣に食べています。

 

「お肉とお魚は血や肉になるし!」

「お野菜はビタミン豊富だし!」

「ごはんは日本人の心や~!」

とか叫びながらのフードコートでの食事です。

 

熱い、熱すぎる!!!。

 

賢くなるために娘が取り組み始めた事

 

それは「好き嫌いせずにがんばって食事を取るの!」という事だそうです。

 

色々と過敏が有るので簡単ではないけどがんばっています。

偉いぞ、まめこちゃん!。

 

よく娘に

「どうしたら頭がよくなるの」と聞かれていた時期が有るのです。

 

2歳から3歳半ごろでしょうか。

 

私は決まって答えました。

「頭は体に必ずくっついているよね?。という事はまずは体が強くないと頭は強くならないんじゃない?。」と。

 

娘は不信な顔で怪訝そうに私を見ていました^^;。

でも最近はそれが効いてきたようですね。

 

「体が強くないと頭もよくならん!」とぶつぶつ言いながら・・。

偏食さんなりに食事を取っています。

 

これを食べたらどこに効くかな?などと質問もよく受けます。

四季のお野菜の栄養についてなど話題に上ることが多いです。

 

 

スーパーに行ってもより新鮮で栄養価の高い物が欲しいと思うみたいで、キャベツや魚の目利きについて学んできたことを話して商品を見比べ

「こっち買おう!」と娘に誘導されることも増えました。

 

 

スーパーには生きた教材がありますね。

働く人を見るのも良いですし・・。

 

目利きしていると、どこからともなくきたおばちゃんに褒められているまめこちゃんです。

 

優しい人になりたいという目標

 

優しいって何だろうねえとはよく話すのですが。

 

家族には辛口評価のまめこちゃん。

 

レストランでも食事のマナーについて講釈を垂れたりとけっこう厳しいのです。

 

食事についてですが、高齢になると上手に食べられなくなることなども教えています。

一番大事なのは食卓で楽しい話題が出来る事だという風に諭すことが多いです。

 

 

正しいことが大切なのではなくて、その本質を考え見極めて行動するように話しています。

 

本に書いてある知識が全てでは無い事を娘にはわかって欲しいかな。

 

相手の気持ちになって想像する、分からなくても考えてみる、そういうことが優しさなのかもしれません。

 

 

この三点で娘が最も重点を置いているのは体作りです

 

食事と睡眠と活動に分けて、今日は頑張れたとか振り返りを夜にしていたりする娘。

 

子ども園に通う園児でもこういった向上心を持って、自発的に取り組む姿があり感激しています。

 

素敵な女性になっていってね、と微笑ましく見守る私達家族です。