三歳まで家庭保育した結果ではないかと言われた話

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

5歳年中さん娘は三歳一カ月でこども園に入園しました。

 

三歳神話なんて言われるけど関係あるのか、個人的な感想やこども園の先生方の声を書いてみます

 

本当は三歳半から、年少さん新年度からこども園入園を希望していました。

 

しかし母の私が倒れたために、緊急で二歳児さんの秋に入所。

 

一応三歳まで家で保育していて思ったことなどを書きます。

 

まず、家の娘は激しい子だったので衝突が絶えず精神的にも肉体的にも大変でした。

 

身近な人にはあまり三歳児からにこだわらない方が良い場合もあるよと無理させないように伝えています。

 

しかしこの激しい娘のおかげで色んなところに出て行くことが出来、結局児童館や役所など至る所に知り合いというには濃すぎるくらいに仲のいい親身になって下さる支援者を得ることが出来ました。

 

これは本当に大きいことで私達の財産です。

ちなみにママ友というのは出来ませんでした・・。

 

現在年中さんの娘は穏やかで優しくて所作が綺麗と園の先生方に太鼓判を押されています

 

先生方の評ですが、このように落ち着いて上品で綺麗なのは精神的に満たされて生活してきたからではないかと言われています。

 

元々可愛らしい顔立ち(らしい・・)のですが、最近は発言や態度、人との接し方が柔らかいことから更に上品で賢く綺麗に見えるという評判です。

 

先生たち褒めすぎ!と娘の代わりに照れてしまう母です。

 

立ち姿も座った時の姿勢も綺麗、と先生方がうっとり・・。

「まめこちゃんの座り方を見ましょう」と他の子の手本になっているそうです。

 

家ではタコの様にぐにゃぐにゃと甘えているなんて信じられないそうで^^;。

家ではリラックスしているのでしょうねえ。

 

三歳まで家で家族に囲まれて大きくなった子と、早くに社会に出た子。

それぞれに個性があるようで面白く感じました。

 

それにしても我が子が「上品で綺麗」とは。

5歳にしてすごい褒め言葉ですねえ・・。

驚きますね。

 

良い先生に囲まれて元気いっぱいなお友達と楽しそうな娘を見るのがとても楽しいです。

感謝、感謝です。