4歳9カ月の娘が編み物をしました

こんにちは。

 

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

今日はあまりにも暑いので外遊びは諦めてもらって娘とかぎ針に挑戦しています

 

題して、鎖編みでりぼんをつくろう!です。

 

 

私のかぎ針デビューはその昔小3でした。

棒針のアメリカ編みっていうのか、それはやはりそのデビューから半年後。

 

 

娘が編み物に関心が有るので以前から指編みを教えて見たりしたのですが、上手くいきません。

 

ちょっと飛んでかぎ針編みに挑戦しました!

 

久しぶりに教えて見て思いましたが左手と右手のコンビネーションがうまくいかないと最初の鎖編みですらできませんね。

 

これってかなり高度な協調作業だわと思い知った次第。

小三の私は折り鶴もおれないような子でしたが好きだったのでしょうね、編み物。

娘もその血がたぎっているのか^^;。

 

色々と教えて見て右手のかぎ針の動きだけならできそうと判断し、左手役を母の私が引き受けました。

 

一針、一針、慎重にくぐらせていきます。

 

掛け声は「上から下!、はい、きゅって通す!、上手い!」とかってリズムを取りながら・・。

 

自転車の補助輪外しで分かったのですがリズムってすごく大事ですね。

こういう声掛けとか拍子取りがあると楽しく上手く出来るような気がします。

 

掛け声掛けながら左手を動かすのはなんとかできるアスペルガーママのくろまめです。

 

歌いながらピアノは弾けないけど、声掛けしつつ編み物の指導はできる・・ちょっと嬉しいです。

 

一目一目、編んで行きただの鎖編みだけど初めての作品が完成!!!。

 

娘曰はく「リボン」だそうです。

 

キティちゃんの首に私が蝶々結びで着けてあげました。

 

娘、大喜び。

くさり編みなんて大したことないと大人は思いがちですけど最初は大変、しかも4歳。

 

作りがいが有ったのか編み物が好きだと言います。

また練習して徐々に一人で出来るように指導したいです。

 

次は二人で長編みして太めのリボンを作ってぬいぐるみちゃんにプレゼントです^^。

 

娘は織り機や指編みに関心を持てなかったようですが工夫次第で楽しくかぎ針も出来ることがわかったので皆さんにお伝えしました。

 

しかし、4歳児さんの手って小さいですね。

これは編み物大変なはずだわ^^;。

 

また今度楽しみます!

 

我が家で使っている編み針はクローバーの物☆。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

編み物って楽しいですね~!。