抱っこひもの日々がただただ懐かしい

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

娘は二歳児さんまで抱っこひもをフル活用して生活していました

 

細かく言うと三歳5カ月くらいまで。

かなり辛かったです。

 

今では寝起きの娘をたまに抱っこするくらいで、懐かしいです。

以前はあんなに辛かったのだけど、今ではいい思い出。

いっぱい抱っこ出来て良かったなあ。

 

そう思えるのは娘がしっかりと成長してくれて、私の心が元気だからでしょう。

 

ナップナップ、エルゴ、ババスリング、頂き物の抱っこひももフル活用してましたね。

 

4本も使ったなんて、人は驚くだろうけど多動ではと疑うくらいに激しい娘でしたので安全確保の観点から必要不可欠な代物でした。

 

抱っこひもにどれだけ助けられたか、量れないですね。

 

全て処分したけど一本くらい残しておきたかった気もする昨今です。

 

前に娘を抱っこしてリュックに娘と同じくらいの重さの荷物を入れてどこにでも行きました。

 

娘が11キロを超えるとかなりきつくて。

毎日3時間程度抱っこ、とかでしたから娘が12キロ超えた時には私もボロボロでしたね。

 

そんな事も懐かしいです。

重量制限いっぱいまで使い切りましたよ。

悔いなしとはこの事か!と思うくらい。

 

悔いが無い事は他にも!

 

家族とご近所さん、行政の保健所さんや様々な人の力を頂いて3歳1か月まで家で見ることが出来ました。

 

これは家族、お友達、地域の皆さん、本当にがんばる力をもらったと思っています。

身体はボロボロになったけど、一気に老化もしたけど。

 

こればかりは自分の力では出来無い事だったと思っていて本当に本当に感謝しきれません。

これからも子供を見て行くにあたって他のお母さんやお子さんにも優しく接したいなあと思い毎日過ごしています。

 

抱っこひもの赤ちゃんを見ると本当は羨ましい・・。

 

二人目はもう無理です。

 

小さい子、最高に好きですけどね。

可愛いですよね、天使だ~~と思う私ってやはり変でしょうか(笑)。

 

体調は安定してきているのですが、私達も歳をとって体力はかなり下降。

無理が最近は効きません。

 

火事場の馬鹿力っていうのがもう出せないんです。

歳行ったなあと思います。

 

子育ては忍耐忍耐で特に育児は大変で、でも間違いなくすごい事だし掛け値なしに素晴らしい体験だと思います。

 

そう思えるのは毎日、やりきって子育てに集中し尽してきたからかもしれません。

 

娘は現在まだ年中さんです。

今日は暑い中こども園まで1キロの道のりを楽しく登園しました

 

とても嬉しい事に、初めて出産後日傘を使いました!!!。

今まで焼け放題というか身に構えなかったのですが^^;。

 

やっと毎日、スキンケアやお化粧を娘が年中さんに上がってから私も出来るようになりました。

 

服も以前は気温や天候だけで決めていたけど、やっと「この服似合うかな~~?」とか一軍の服を手に取れるようになりました。

 

コロナでマスクと眼鏡の日々だけど毎日お化粧し見繕いして日傘までさせるようになって嬉しいしありがたいです。

自分の事をする元気は以前は無かったのです。

 

やっとここまで来ました。

 

日傘は独身時代の物。

デザインが可愛いのです。

毎年日傘を新調し手袋も三枚は購入という美白命だった私、母になるとそういう訳にはいかなかったです。

予想通りで、真っ黒に焼けてもシミが初めて出来てもそんなに落ち込まずに済みました。

 

体型の変化にはショックがあって精神的にきていたけど、最近は徐々に体重は変わらないものの体のラインがシュッと出てきて良い感じ。

 

独身時代より20キロから30キロ体重も増えたけど今の方が見た目に明るくて良い感じかも?。

 

体重は多少は落とそうと思ってますけど、元の体型に戻りたいとは思っていません。

 

お母さんにもなり、年々歳を重ねているのだから体型も変わって当然と思います。

私はウエストが20センチも太くなり、全体にごつくなったけど今の体型の方がお母さんぽい服も似合って良い感じなのです。

 

肌も真っ白から食パンの耳みたいな色に焼けて印象が変化しましたが美白しようとか強くは思っていません。

 

今の肌色も自然でいいなあと思っています。

日傘と日焼け止めも使いますが、「焼けたくない」とかは無いです。

 

なりたいものが特にないです

 

目標とか、無いです。

 

毎日、がんばっているのでそのままを維持して自信を持っていればいいよねって思っています。

 

向上していかなくてはいけないという思い込みは無くなりました。

現状維持だって、努力しないと出来ない事ですよね。

それもすごいことです、と自分を褒めて見ます(笑)。

 

こだわらなくなりました。

拘泥するのは、職人さんと芸術家さんにお任せしましょうと言う感じです。

 

私はどこにでもいるおっちょこちょいなお母さんっていうのが毎日生きていて良い感じですね。

 

ふり返り、自分の良いところを見れるようになったのは大きな成長であるように思いますね。

以前の私は自分にもっと辛辣で、自分で自分を傷つけているような人だったよなあとか思いますね。

 

若いママさんや娘に伝えたい事は、自分の事大事にね!です。

そのままでいいというのはそういう意味ですね。

 

自分に駄目出ししなくていいからね~と真面目な人には言ってあげたいですね。

そう、出産前とかの私にね^^;。

 

今日ものんびり家事に精を出しますよ。