4歳8カ月年中さん娘、突然漢字を書き出す

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

年中さんの娘が漢字を書き出しました!

 

今まで書かなかったの?と笑われそうですが、そうなんです。

初めて書きましたよ!。

 

「正」を書きました。

何故か送り仮名は「らい」・・・。

ただらい?、それともしょうらいって書いたの?。

聞いてみたけど特に送り仮名に意味は無かったのか教えてくれませんでした。

 

 

正という字が気に入った娘は用紙いっぱいに「正」を書きまくっていました^^;。

 

この字の家族も親戚もいなくて、あまり子供の絵本にも使われていない気がしますが形がいいのか好んで書いています。

 

「広」も書こうと試みていましたが「正」の方がしっくりきた様子です。

 

ちなみに何がお手本かというとすみっこぐらしの4コマ漫画を読みながら書き出しました。

 

何歳くらいの子が好む漫画かは定かじゃないけど、起承転結がはっきりしていて娘は4コマが大好き!。

 

 

 

 

 

新聞朝刊の4コマも必ず読んでいますね。

 

 

お手紙を書くようになる前「お」ばかりを大量に書いていた時期が有りました。

娘曰はく「練習だった」との事で今回も漢字がいっぱい出て来る前兆なのかなと感じました。

 

週末になるとお手紙をよく持ってきてくれます。

「ママだいすき」。

カタカナで「キ」をかいていたけどちゃんと「だいす「き」」って書けるようになりました。

 

何通も一気にくれるので、お手本も無くても大丈夫になってきたようです。

 

娘が字を書くときにお手本にしているもの

 

ずばり、絵本。

そして台所にある食品のパッケージ(!)。

 

ひらがな一覧表。

大体この辺りです。

 

フォントの関係でカタカナの「ア」がかなり独特だったりします。

何を見たのかというと森永の「ミルクココア」を見て書いたようでして、「ン」とかもなんかの真似のようで独特な形状でかいています。

 

なかなか治りません、これが独学の微妙な所ですね^^;。

 

とは言え娘はかなり楽しんで書いています。

嬉しい事です。

 

お勉強は楽しいものだから自分のペースで続けてくれるといいですね。

 

こども園の担任に報告して褒めてもらいました!

 

私が「漢字を書くようになったんです」というと先生びっくり。

 

それもそのはず・・・。

ひらがなカタカナをマスターしてから漢字をしていると思っちゃったようで^^;。

勿論独学ですので違います。

 

ひらがなもカタカナも虫食い状態ですよ~。

書きたい物から、書いてます。

 

数字もカタカナひらがな、ローマ字入り乱れて書いてますよ~~。

 

世間では順番に「教えてもらって書く」子が多いのだなあと感じた一コマでした。

 

娘は独学派なので母も父も滅多に「これしなさい」は言いません。

「これはしないで」は結構言うかもしれないなあ^^;。

 

娘のやりたい事は多いので用意が大変です。

 

書けないというか書く気が無いひらがなかたかなもまだまだ多い娘です。

 

その子その子で好奇心を持つ部分が違って興味深いですね。