3dkの築50年住宅に家族四人で住んでいます

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

狭いけど、古いけど、良い家に住んでいます

 

難点はおばあちゃんの使っていないタンスなどで狭い事。

 

徐々に許可を得て廃棄したり広い家を目指しています。

 

タンスを二つ捨てたいので周辺から片付けています。

 

外壁など外回りの工事をしてもらっている最中です

 

建坪は30坪くらいで、外壁全面と雨戸井などの傷んだ個所を全て交換です。

 

足場代だけで50万もするので向こう20年、足場を組まなくても良いように外回りは大体すべて直すことになり260万円程の出費です。

 

相場よりも、高いです。

でも、今まで見た大工さん達の中で最も丁寧にお仕事して下さっている様子なので良かったかな。

 

狭い家なので布団生活です

 

畳んだり大変ですけど仕方ないですよね。

 

おばあちゃんの足が悪くなってきたので仕方なく、ベッドを購入しました。

動かせる重さの物です。

 

こんな狭い家でベッドを置こうなんてと夫は不機嫌でしたが年寄りのいう事はそれなりに聞いてあげないと後で大変。

 

二階は四畳半の部屋が子供部屋の予定で、片付け中です。

もう一部屋は夫婦の部屋、これまた6畳と狭いです。

 

一階は仏間におばあちゃんが寝起きしていて洗濯物もそこに干しています。

キッチンは6畳、ダイ二ングも6畳、仏間も6畳です。

おばあちゃんの個人の部屋は無いのです。

 

というか夫婦の部屋も物置になっていたり、娘の部屋はおばあちゃんのタンスが2つも。

 

全員、自由気ままなお部屋の状態ではありません。

 

こんな状態ですがとにかく片付けや捨てたり直したり、とがんばっています。

 

外壁などの他に細部もおまけで直してもらうので、きっと外見上は新築に近い感じになりそうです。

 

意外とリフォームは高いです。

貯金は家に維持費に掛かるのだなあと思うくろまめでした。