車が無い家庭が普段困っている事、車を手放す前に考えることなど

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

車なし生活@地方都市も板についてきました、今日は車が無くて不便な事などについて語ります

 

最も大変なのは買い物です。

 

日常のトイレットペーパーとかティッシュとか。

かさばるものを持って更に野菜をいっぱいリュックに背負ってという生活です。

 

娘は今抱っこ~という時期を過ぎたので楽になったけど以前はこれに前抱っこの娘付きでした(笑)。

 

夫と力を合わせて難局を乗り切ってきた・・買い物をがんばってきたというのは真面目な話です。

 

我が家はみんな大食漢な上に舌が肥えているので宅配で食材をというのは無理です。

鮮度が悪いと味に一番影響が有り、娘にまで指摘を受けかねません。

 

娘は甘いものは別腹という子ですが、他の食事に関してはファーストフード系は大抵

「おいしくない」と食べない感じです。

 

スナック菓子も好まず、せいぜいせんべいですね。

娘が食べないので大人も食べなくなって、と影響を受けています。

 

食べなくなってしばらく経つと、久しぶりに食べる機会があっても

「え?こんな味だっけ?」と驚くこともしばしば。

 

脱線しましたが味にうるさい家族がいると買い出しが大変です。

ついでに車も無いけどお金もいっぱいは無い!ので近隣四店舗位を曜日によってはしごしています。

 

これがいい具合に娘の通っている園の周りに集中して建っていて登園後に寄って買い物というパターンが多いです。

 

お父ちゃんも仕事が早く終わると必ず駅前スーパーに寄って見切り品などを購入して来ます。

 

家族で力を合わせる毎日です。

 

車離れが進んでいます。

維持費は実は駐車スペースがあればそんなに高くないですよね。

月に三万から四万円とよく言いますが家族分の交通費が浮くとか食べる量が減るとか靴の買い替え頻度が減るのですから元は取れると思います。

 

個人的にはインフラに頼れない時も自家用車が有れば心強いと思う。

 

とは言え。

我々は病気の関係で運転は出来ません。

自転車は一応大丈夫。

保険にも入っています。

 

歳を行くと車が無いとどこへも行けない!という声を耳にします。

高齢の方は免許返納なんてしない方が良いです。

視界の悪い日は運転を控えるとか夕方から運転しないとか自分なりに決まりを作って足を手放さないようにしてください。

 

ちょっと買い物に出るのがすごく大変だということは私はよくわかりますから・・。

運転をしないと決めたら自転車に乗れるバランス感覚のあるうちに三輪車を選んで練習しましょう。

自転車も長く乗れるけど三輪車も乗れた方がいっぱい物が運べて便利だと聞きました。

近所のおじいちゃん、おばあちゃんは色々と先輩の助言を下さいます^^。

 

車を手放す前に病院とスーパーと役所へのバス路線なども調べておきましょう。

変更もありますが事前の情報収集は大事です。

 

 

 

 

 

上は将来お世話になる予定のブリジストンワゴン。

 

結構可愛い形ですね^^。

 

雨の日や雪にも対応して生活していかないといけないので車が無い生活は大変です。

しかし、天然のジムを利用していると考えると悪くもありません。

 

家では体のメンテナンスとして食事と入浴とストレッチなどにも重点を置いています。

 

ガソリン代の代わりに食事代が付き、体を休めるのに入浴が大切という訳です。

ストレッチは事故に遭った時にけがを最小限にとどめることが出来ればと思って続けています。

 

車の無い生活はハードです、はっきり言って大変です。

でもほかに手段が無いので前向きにがんばりたいです。