意外と努力家の一面を見せ始めた娘、3歳3ヶ月

こんにちは、くろまめです。

 

娘3歳3ヶ月のがんばりに感動

 

子ども園で先日、カルタ大会がありました。

 

冬休みの課題で練習して行ったのです。

しかし娘は一枚しか取れませんでした。

 

明らかに気に病んでいる様子。

見かねて「一枚でも取れたらすごいよ」とフォローしておきました。

 

またがんばればええやん!みたいな。

 

次の日の連絡簿に娘のまめこちゃんの様子が記されていました。

 

「カルタ大会はみんなの気迫で怖かったのか、翌日のカルタ会は始まるとシクシク泣き出して『やめとくか?』と聞きましたがカルタの側から離れず見ていたので参加しました。

側に教諭がついていたら泣きながらも続け最後まで参加しました。

何枚も札を取っていました。」

とありました。

 

自分の知らないところで娘なりに「怖い」という気持ちと戦い成果につなげたようです。

驚きました。

 

反抗期明けの後日談

 

「来年のお遊戯会は泣かないでがんばりますね。」

娘はおばあちゃんに宣言していました。

 

でもお母ちゃんには

「実はちょっと、怖いし不安なんや」と打ち明ける娘です。

100パーセントでなくていいから、心に余裕を持って楽しむんだよと娘に語りかけました。