「歩育」、我が家の場合(娘2歳11か月)

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

「歩育」って言葉がはやっているんですね?、いいねえ!

 

うちは病気、服薬の関係で車の運転可能な者が一人もいないんです。

いわゆる「車なし育児家庭」ですね。

 

我が家の子どもと歩くことを楽しむという生活をこちらからご覧ください↓。

 

mameko0186a.hatenablog.com

mameko0186a.hatenablog.com

 

我が家では目的地まで歩くことを「お歩き」と言います。

「散歩」とは違います。

お歩きの目的は時間通りに公共交通機関をきちんと利用するために歩くこと。

 

つまり、黙読ならぬ「黙歩」。

ただ、黙々と歩きます。

ただ歩くだけではつまらないので、立ち止まらない事ちゃんと前進し危なくない事に限りOKです。

 

歌を歌うとか、なぞなぞを出し合うとか、今晩のご飯について相談するとか。

そういう感じで歩いています。

後は景色を楽しんでおしゃべりもしていますよ。

 

お歩きは親子の時間です

因みにベビーカーの時も変わらず会話しています。

 

ベビーカー、お歩き、関係なく、詩を暗唱したりもして楽しみますね。

 

まめこちゃんと二人で

「雨にもまけず~!」とかね。

叫びながら歩いていますよね。

 

宮沢賢治さんだけでなくて与謝野晶子さんとかギヨームアポリネールとか、完全に二人の趣味時間と化していて周りは引いている?と思いきや誰も歩いてませんね・・。

 

くまとりすのおやつとか好きな絵本も私が覚えていてリクエストに応じて朗読しつつ坂を上ったり下りたり。

 

まめこちゃんは替え歌と作り話を延々としてくれることが多いです。

お歩きは疲れますが声を出して歩くというのは心肺機能を高めて良い感じです。

 

お出かけ前の準備が大切です

持ち物・・ではありませんよ。

 

体調と天候ですね。

 

夜眠れているか。

顔色は悪くないか。

食欲は有るか。

熱はないか。

排泄。

は最低限見ておきます。

 

服は調節しやすく、着替えやすいものを選びます。

 

気温に関わらず、風が強すぎる日や日差しがきつく蒸し暑い日などは無理させません。

 

歩いた後のメンテナンス・フォローが大事

 

これが一番大事ですよね。

必ずうがい手洗い・・・の前に「今日がんばって歩いてすごかったよ」となどと伝えて労を労います。

 

「まめこちゃんとお出掛けできて楽しかったです。一生懸命に歩いてくれてありがとう。お母ちゃんは助かりました。」と楽しい時間を過ごしたお礼も言います。

 

意外と娘の方が先に言ってくれますね。

「お母ちゃん、今日はすっごく楽しかったです!。まめこちゃんはまたお出掛けしたいです。ありがとう!」とかってね。

 

就寝前は体をさすってマッサージします。

30分くらいですね。

因みに、朝もねだってきますけど機嫌がよくなるのでしてあげています。

良かったらお試しください。

 

毎日楽しくお出掛けです^^。