マザーズバッグ重過ぎませんか?

こんにちは。

 


アスペルガーママのくろまめです。

 


体の痛みに悩まされていました。

 


それが解決したのでお話ししたいと思います。

 


バックが重すぎる問題。

 


2歳になる娘がいます。

まだオムツが取れていなくて外で食事をするのもあまり得意ではありません。

 


おむつセットは必ず持ち歩かなくてはなりません。

 


1度にするおしっこの量も増えてきたのでお着替えも一式持ち歩いていました。

 


他には使い慣れた食事セット。

リッチェルのスプーンマッシャーやスプーンフォークセット。

 


あやす為ののおもちゃ。

ちょっとしたビスケット。

水筒やタオル敷物など様々に持ち歩いていました。

 


ある日体が痛くてたまらず涙が止まらなくなりました。

 


体自体はずっと痛くて吐いたりすることも多く鎮痛剤を飲むことも稀にありました。

 


これではいけないとお出かけ先を近くに変えたり。

お風呂に長湯したり、マッサージシートに腰掛けたり色々と工夫しました。

 


それでも治りません。

 


ある日夫が気づきました。

「このマザーズバック重過ぎるよ。」

 


マザーズバックだけで8キロありました。

上に書きましたものを入れて6キロちょっと。

さらにお弁当と抱っこ紐を入れたら8キロ超えていたのです。

 


子供2人抱えているのと同じ位の負荷がかかっていたことになるかもしれません。

 


早速遊び場所を駅ナカの広場に変えました。

お着替えを持たなくてもエキナカで調達できます。

 


食べ物もパンを買うことにしました。

スプーンフォークがなくても大丈夫です。

 


おむつセットだけ持つことにしました。

後は水とそれも300 CCのマグだけです。

腰ナップナップの抱っこ紐付けます。

 


ナップナップにはたくさんポケットがあるのでそこに小額のお金とICカードを詰め込み外出してみました。

 


増やしたのはタオルハンカチです。

ウェットティッシュを持ち歩かない代わりに手をこまめに拭いたり机を吹いたりするからです。

 


4枚位ですね。

キャラクターもので娘のおもちゃ代わりにもなります。

 


これをサマンサタバサのミニバックに詰めて出かけました。

 


これが快適でなぜ気づかなかったんだろうと思うほどでした。

 


体の痛みと言うのは精神を病むこともあるのでほんとに気をつけたほうがいいです。

 


無理しすぎず頑張って子育てしたいと思います。

 


以上、少々おっちょこちょいのくろまめでした。