壁にゴンゴン頭をぶつけて辛いことを意思表示、第一次反抗期は意外と壮絶?

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

 

娘のまめこちゃん二歳二カ月は大人っぽい子です

 

顔つきも行動も年齢よりしっかりしている印象らしいです。

 

以前こんなエントリを書きました。

今日は最近の二歳児さんなエピソードです。

エントリも良かったらどうぞ↓。

 

mameko0186a.hatenablog.com

 

 

mameko0186a.hatenablog.com

 

よく考えたら大人しい子も元気いっぱい激しい子もそれぞれに二歳児なんですよね。

 

お散歩の練習でそれは起こった・・・!

 

あまりにも縦横無尽に動き回るまめこちゃん。

 

夕方のご帰宅ラッシュも重なり車の交通量も増えてきて

「これは危ない」

と母は判断。

 

家に帰ろうと促しました。

 

家に抱えるように連れて帰るとまめこちゃんは大号泣!。(当たり前ですね)

 

そしてお家の壁にゴンゴンと頭をぶつけだしました。

ショックを受けるおばあちゃんと私。

 

とにかく壁から引き離し「大丈夫、大丈夫、よしよし。ごめんね。辛かったね。もっとお外いたかったね」と言い背中をさすり続けました。

 

まめこちゃんはのけぞって暴れ続け・・・。

5分くらいの時間でしたがすごく長く時間を感じました。

 

まだ二歳児。

普段とっても落ち着いてお話しできる子でもこんなことになるんですね。

その後はケロッとして

「お父ちゃん、おかえり~!」と笑顔でお出迎え。

 

呆気にとられるおばあちゃんとお母ちゃん。

 

お外大好きなんだね、まめこちゃん。

今度からもっと公園とか行こうね。

 

因みにお父ちゃんは話を聞いて

「まだ二歳やしな、上手く表現できんかったんやね」

とよしよししていました。