もうすぐ二歳、遊び方もお手伝いの仕方も変わってきました

こんにちは。

 

アスペルガーママのくろまめです。

 

娘のまめこちゃんは一歳十一か月の口達者な子です

 

口も達者だけど、最近はお手伝いも上手になってきて「口だけ」では無くなってきました。

 

 

三歳になったらと言い続けて来たけれど

「三歳になったら、掃除機かけてお洗濯しておむつ止めて一輪車に乗る」と一歳半ごろから宣言している娘。

 

最近はお洗濯のかごを持って台所から干し竿の所まで来てくれます。

突然持ってきたのでびっくり・・・。

 

そして

「お母ちゃん、洗濯!」

と洗濯物を一枚づつ私が腰を曲げなくても良いように洗濯カゴから渡してくれるのが日課になりました。

 

干し終わると

「おばあちゃん~!、洗濯終わったよ!」

と言ってカゴを戻しに行きます。

 

食器を下げるのも手伝います

これも突然始まりました。

 

一歳三カ月ごろから卓上で食器を重ねてくれたりはしていたんですよ。

 

でもまさか食べ終わって

「ごちそうさま」

と言うなり

「食器洗うの!」

と言って台所まで食器を一つ一つ持ってきたのには衝撃を受けました。

 

子どもってこんなに早くお手伝いするようになるんですね!!!。

びっくりですよ。

 

しかも。

両手で

「あげる~!」

とか言いながら渡してくれます。

 

なんて丁寧なんだ!、女子力でお母ちゃんは完敗です。

机の上に鼻紙やほこりがあると・・・

何も言わずにゴミ箱まで持っていき・・・。

片付けてくれます。

 

不思議とゴミでないものを入れる事は今までになくて。

これまた驚愕・・・。

 

お母ちゃんなんて三歳でゴミ箱に入れるの習って、必要なおもちゃとかまで放り込んでいたそうですよ。

お父ちゃんもそういう感じだったとおばあちゃん言ってました・・・。

 

誰に似たのさ・・・。

 

遊ぶ時もごっこ遊びに構成遊びが加わり出しました

 

学研ニューブロックで色々作っては遊んでいます。

この間はNHKみいつけたのキャラクター「さぼさん」を作り・・・。

お父ちゃんを唖然とさせたまめこちゃん。

 

お片付けは必ず手伝ってくれますし、絵にかいたお利口さんですね。

 

先日私のかかりつけ医にお話したのですが以前は心配していた主治医も心配を通り越したと見えて

「面白い!」

を連発!。

「末恐ろしいね」

と言いますが今の段階でけっこう怖いよ。

 

もちろん年齢相応な事の方が多いけど、早い部分も最近は不安がらずに面白がるようにしています。

 

保健師さんによれば二歳過ぎたらお手伝いさせると良いそうです

という事は別に早くも無いのかな???。

 

玉ねぎの皮むきとかお願いすると食育にもつながり良いそうですよ。

管理栄養士さんも言ってました。

 

姪っ子は二歳半の時に玉ねぎの皮むきを良く手伝っていたなあ。

食べ物の好き嫌いのほとんどない、お手伝い上手な良い小1生になってますよ。

 

娘の口癖は

「皆で一緒!」

です。

 

一緒に働いたり、食べたり、遊ぶのが楽しいとよく言います。

誰が言って教えたわけでもないのに、真理が分かっていてすごいもんだ。

 

まだみんなと遊べないのはご愛敬

「みんなで一緒に遊ぼう」

と遊び場で叫んでは寄ってきてくれた子から逃げています。

恥ずかしいみたいです。

 

年齢相応だね、お母ちゃんほっとします。

 

今夢中な学研ニューブロック載せておきます。