母乳育児に挫折 あればよかった編

こんにちは。

アスペルガーママのくろまめです。

 

寒いですね~。

 

今回は母乳育児を一カ月で断念したくろまめが「あればよかった~~!!!」と痛切に感じるものを厳選してプレママさんにお届けしたいと思います。

 

まずは電動搾乳機。

くろまめは手動のものを使っていました↓。

 

 

これもいいんですよ。

悪くないです、器用な方にとってはね。

でも不器用なアスペルガーママのくろまめ。

搾乳だけで一時間取られていました。

 

母乳は基本的に三時間おきくらいにあげます、つまり母乳あげるのに両胸15分づつで30分プラス一時間のトイレ休憩の水分補給・・・。

 

こうなると眠る時間はかなり削られてしまいます。

産後の授乳したての体にかなり響きます。

おすすめはこれ↓。

ピジョンの電動搾乳機。

 

 

自分は使った事が無いんです、すみません。

でも先輩ママには必要と言われていたのにケチって買わず・・・。

人の助言には優しさがありますよね。

ちゃんとそれに気がつけばよかったんですけどね。

後の祭りです。

 

次に個人的に今も愛用中なのがこれ↓。

 

これはもう手放せません。

レンジでチンするだけでホッとタオル替わり。

母乳育児は肩こりとの戦いです。

これだけは何があっても最初からあるといいです!。

 

肩こりが酷いと人って眠れなくなります。

授乳中はいかに隙間時間に眠るかが勝負です。

くろまめはそれが出産前は分からず・・・。

身体を壊しました。

 

次に必要なのがマッサージシートもしくはクッション。

夜使う事を想定すれば音が小さいマッサージシートをおすすめします。

肩こりだけでなく腰痛のケアにも使えるので産後も長くお世話になれます。

あんまり使わない生活を本当はしたいけどね。

致し方ありません^^;。

 

次は電気魔法瓶。

母乳は最初からいっぱいは出ません。

くろまめはいっぱい出るまでに二週間かかりました。

それまではミルクとの混合の人が多い。

ミルクづくりにいちいちお湯を沸騰させて作るのですが、ガス代が倍に跳ね上がりました。

時間もかかり睡眠時間を削ることにもなりかねません。

最初から電動ポット買いましょう。

悪いことは言いません。

 

 

最後に体が弱い人は無理して母乳育児を選択しないほうがいいかもしれません。

別にミルクでも大丈夫だから。

うちのまめこちゃんもすこぶる元気ですよ。

選択肢は広げておいた方が吉です。

お勧めのミルクはこれ↓。

 

産院で進められてから浮気せず使いました。

ミルクは値段じゃないと思う。

これが赤ちゃんの体を作っているのだからね。

先輩ママさんは安いのでも大丈夫と言うけれど、くろまめ的には抵抗があります。

食にはこだわる家なので。

価値観はいろいろだから自分たちのライフスタイルに合うものがベストミルクだと思います。

 

個人的には一カ月しか母乳やれなかったけど、もっとあげたかったのでとても後悔しています。

なんで人の助言をもっとしっかり聞かなかったんだろうって。

みんな優しく教えたのに、経済的な不安で押しつぶされて買うことが出来ませんでした。

 

経済的な事は案外何とかなるよ。

それよりも体を大事にしてね、プレママさんへのお願いでした。