発達が早いのも危ない編 ~逆さバイバイが出た娘~

今日は娘まめこちゃんの発達についてのお話です。

生後八カ月の下旬ごろ発語し、前後して指さしと複写(まねっこ)が始まりました。

 

正常発達では生後九カ月から一歳三か月までに意味のある言葉が出ます。

彼女は少々早く、ひょっとして自閉傾向かと緊張が走りました。

 

しかし、指さしも複写も頻繁で交流の意思が感じられ運動面の発達も早かったために特に問題はないとされていました。

 

今、一歳一カ月なのですが小走りに動きます。

発語は八語ほどという事ですが、保健師さんが言われるには「ちょっと早いけど・・・」という微妙~なニュアンスです。

 

発達に凹凸がある子「発達障害の子」である可能性はなきにしもあらず・・・。

そして昨日から逆さバイバイをしています。

覚えたてだからなのか、自閉症疑いかは近いうちに判明するでしょうけど・・・。

どちらにせよ今日も良く笑い、よく遊んでいい日でした。

 

発達が正常範囲より早いのも中々ドキドキものです。

母である私は自閉症者ですので。

 

自閉傾向があっても無くても愛しい我が娘。

これからも楽しく毎日過ごそうね!。