地方都市で車なし育児に挑戦中2

 

ベビーカー編

地方都市で車なし育児をしているくろまめです。

 

ベビーカーを選ぶ基準が我が家では若干他と違ったので書いてみようと思います。

 

ベビーカーは車なし生活をする我が家にとっては必要不可欠な本当に「車」そのものです。

最初は「娘もアスペルガーさんだったらベビーカーも嫌がって大変かも。産まれてから選びに行こう。」などと思っておりました。

アスペルガー自閉症の子は感覚が過敏な子が多いですからね。

(ベビーカーを嫌がる子に異常があるという意味ではありませんから、悪しからず。)

 

でも友人が「古いけど使う?」と言って下さったのです!。

なんか嬉しくて。

乗ってくれるかは分からないけど、頂いてしまいました。

しかもA型のものです、生後一か月くらいから使えるのですよね。

正直とても助かりました。

 

娘はベビーカー大好き!。

散歩をせがんで大変です。

嬉しい悲鳴ってやつですけど、確かに年季が入っているからかハンドルの使用感がちょっと微妙になってきました。

そんなわけで安全面を考慮し新しくB型ベビーカーを買う事に。

 

娘が通う事になりそうな幼稚園は家から徒歩15分。

園バスは通っていません。

三歳から五歳まで登下園するわけですが、帰るときは眠たいかななどと過保護な事も考えたり。

姪っ子ちゃんは五歳までバギーに乗って旅行していたなとか思い出したり。

家の周りの道路の舗装のガタガタ感を見て考えた結果、ベビージョガーさんのシティツアーに決定しました。

 

 

とにかく頑丈で長く乗れて(五歳まで)、改札も通れて持ち運ぶのに便利という条件を満たしていました。

そしてリッチェルさんと迷っていたけどリベラフルエRはリクライニング出来ないようでしたので、ベビージョガーさんがいい!となりました。

 

今から思えばリッチェルさんでも良かったかな。

 

毎日ガンガン乗っています。

乗り心地は良さそうです。

まめこちゃん、これからもいっぱいお出掛けしようね!。